排水管の水漏れは自分で修理できる?

トイレの交換を検討する際、そのきっかけとなるのが、排水管の水漏れです。家の中には様々な場所に排水管が多数配置されていますが、トイレの汚水を流す役割をもつ排水管に水漏れが発生すれば、安心してトイレを使用することができません。以前に水漏れがあり、自力で修理した覚えのある箇所が再び水漏れを発生した場合などは、特に注意が必要です。
解決できたと安心していても、再び同じトラブルが発生するということは、きちんとした修理が行われていなかった可能性が高く、その時よりも深刻な事態になっている恐れがあります。自力で解決するのは避けた方が無難です。

■水漏れの前兆

トイレの排水管に水漏れが発生する前には、必ず、前兆があります。まず1つめは、トイレを使用した後に水を流すと、便器の中の水位が高くなることです。便器ギリギリまで水位が上がってくる場合は、配管の中に何かがつまっていると考えて間違いありません。まったく流れていかない場合も、同様です。すぐさま専門業者に相談しましょう。
2つめは、便器内の水は流れていくけれど、いつもよりも流れが悪い場合です。便器の水位はそう変わらないけれど、流れがスムーズではない場合は、配管に異物がつまっている可能性が高く、そのために水が流れにくくなっていることが考えられます。そのまま放置すると、そのつまっている箇所にどんどん異物がつまり、ほかの箇所へも悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

■つまりを自力で解決する

配管ではなく、便器内のつまりが原因だった場合は、自力で解決できることもあります。例えば、トイレットペーパーのつまりです。この場合は、バケツに水を汲み、もしくは、50℃前後のお湯を流すことで、配管につまったトイレットペーパーを取り除くことができます。



■まとめ
排水管の水漏れは、素人での修理は難しい場合が多く、自力で行うことはおすすめしません。少々お金はかかりますが、専門業者に相談することで、安全かつ確実に修理することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ