排水管の水漏れで火災保険は使えるの?

昨今、火災保険を契約する方が急増していますが、火災保険とは、どのような保険なのでしょうか。分かりやすく言えば、火災によって、住宅、家具、家財に万が一の時があった場合、失った住宅、家具等を補償してくれる保険になります。火災保険という名称が付いておりますが、火災に限らず、風災、水害等の自然災害に対応してくれる火災保険があり、人気を博しています。

■火災保険は役に立つのか

水害を補償してくれる保険であれば、トイレ等の水道 修理も補償してくれるのではないかと思う方もいるでしょう。実は、残念なことですが、トイレやキッチン、お風呂等の排水管の水漏れ修理の費用は適応外となる場合がほとんどです。
しかし、ただ1つだけ、水濡れで補償される場合があります。それは、トイレ等の水漏れによって、家のクロス、いわゆる壁紙や床が水浸しになり、交換せざるを得ない場合です。もちろん、火災保険によって補償内容は異なりますが、補償してもらえる可能性があることを覚えておきましょう。

■集合住宅の場合

賃貸マンションやアパート等の集合住宅にお住まいの場合、ほとんどの方が火災保険に加入しております。賃貸を契約する際、火災保険についての説明があったと思いますが、保険の書類は難しく目を通していないと言う人も少なくありません。不安な時は、契約時の書類に再度、目を通してみましょう。書類が見つからない場合は、管理会社が住人を代表して加入している場合がありますので、管理会社、もしくは担当者に問い合わせてみましょう。

■まとめ
火災保険に加入していても、補償されないことがあります。それは、排水管等、経年劣化による水漏れの場合、パッキン等、経年劣化による水漏れの場合です。しかし、故意に破損させたと判断させられる場合は注意が必要です。例えばDIYが好きで、部屋の中を自分でリフォームしている時に排水管等を傷つけ破損した場合などが当てはまることがあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ