排水管の水漏れが発生する原因は?

排水管の水漏れが発生する原因は? 家の中にはキッチンをはじめ、洗面所、お風呂、トイレと水道を使用する箇所が多くあり、その水を通すための配管があります。配管には給水管と排水管の2種類があり、排水管はその言葉通り、水を外へ流すものになり、給水管は日常使用する水を通すものになります。ここでは、排水管の水漏れについて説明します。



■排水管の役割

排水管は、使用した汚水を外へ出す役割をもつ管になります。これがないと使用した水は行き場がなく、ただ溜まる一方になります。この配管の中は、トイレやお風呂等を使用するたびに汚水が流れていく仕組みになっており、常に水が入っているわけではありません。
配管の中は単なる空洞で圧力がかかっているわけではないので、通常、上から下に向かって汚水が流れるように設置されています。その配管の中に汚物が蓄積し、汚水がスムーズに流れなくなると配管がつまり、排水管 水漏れを発生する等のトラブルを招くこととなります。
ちなみに、給水管は使用前のキレイな水が通る配管になり、日常使用する蛇口に接続されております。勢いよく水を流すために圧力がかかっており、一般的には高圧状態になっています。ここに、給水管と排水管の大きな違いがあります。

■つまる原因
では、なぜ排水管がつまるといったトラブルが起こるのでしょうか。ひと昔前までは金属製のものが使われており、長期使用による金属の腐食によってつまりが発生し水漏れを引き起こしていました。昨今はその金属製が見直され、環境に良い、耐久性の高い樹脂製のものが使われるようになっていますが、破裂やひび割れによる水漏れの発生があり、注意が必要です。
特に、トイレは毎日使用するものになり、配管に何かしらの負担がかかり、水漏れを発生しては大変です。配管の水漏れは、素人では場所の選択、修理方法など難しいことが多く、どんなに腕に自信のある方でも自己判断での修理はおすすめできません。必ず、専門業者のプロに相談することをおすすめします。

■緩みが原因の場合

なぜ、配管から水が漏れるのでしょうか。耐久性の高い樹脂製のものになれば、半永久的にスムーズに使用できるのではないか、ほとんどの方がそう感じていると思います。トイレの配管でもっとも多いトラブルは、配管を連結している部分、便器と床を連結している部分からの配管のひび割れ、緩みによる水の漏れになります。
連結している部分の緩みが原因であれば、その緩みさえ改善できれば、専門業者に依頼せずに済むのではと思われますが、緩みが原因で水が漏れているのであれば、素人でも解決できるかもしれません。
しかしながら、その緩みだけが原因ではないこともあります。トイレはきちんと修理しておかないと、度々水漏れを発生するようになってしまっては、安心して使用することができません。その上、ほかの箇所にトラブルを招く恐れがあり、危険をともないます。
自力で解決できる部分でも、まずは専門業者に相談しましょう。業者が来るまでに自分でできる対策は、止水栓を閉めることです。トイレの止水栓でも、家の外に設置されている止水栓でも構いません。これ以上の被害を出さないために、まずは、止水栓を閉めておきましょう。

■まとめ
トイレ等の配管の水漏れの原因は、ひび割れ、緩みがもっとも多いトラブルになります。ひび割れ、緩みが見える場所であっても、自己判断で修理したりはせず、必ず、専門業者に相談しましょう。きちんとした工事で水を止めておかないと、その水の漏れが原因になって家の床材や柱等を腐らせてしまうことにもなりかねません。良い機会だと捉え、業者の専門的な目で見てもらい、素人の目では見えない不安までもをすべて拭い去ってもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース